#同棲なう

カップル以上、夫婦未満の2人の生活の様子です。

同棲の貯金はどうしてる?結婚前のふたり暮らしで貯金をするコツとは?

スポンサーリンク

同棲を始めて「貯金」ができるか心配しているカップルも多いのではないでしょうか?きっと、同棲する前からお金についてはしっかりを話し合っているカップルも多いと思います。

今回はその中でも「同棲中の貯金」をどのように二人で貯金をしているかについてです!

そもそも、同棲生活費ってどのくらい?

f:id:dousei-dou:20171203173114j:plain

  • 家賃 ¥12,000
  • 食費 ¥10,610
  • 外食費 ¥2,699
  • 公共料金(電気 / ガス / 水道) ¥7,867
  • 日用品費(消耗品) ¥2,440
  • 通信費(Wi-Fi) ¥4,500
  • レジャー費用 ¥0

僕たちの2017/11月の同棲費用は総額「¥148,116」でした。一人当たりにすると「¥74,058」です。

この月は大きな買い物がなかったので少なかったので少し参考にはなりづらいですが、普段は¥150,000〜180,000ぐらいの間で生活しています。

www.dousei-dou.com

同棲中の貯金ルール

僕たちの場合は「目標金額○○円!」「毎月○○円は貯金する!」のような明確な貯金のルールはありません。

ですが、僕たちは毎月決められた額を同棲の生活費として二人で家のお金として徴収しています。なので、毎月余ったそのお金を貯蓄しています。それ以外のお金の管理はお互い個人管理しています。

あまり参考になりませんね...なので、もし貯金をしっかりと二人でするとしたらこうするなという環境を考えてみました。

  • 目標を設定する
  • 専用口座をつくる
  • 強制的に貯金する環境を創り出す

少し細かく説明します。

目標を設定する

そもそも「なぜ貯金するんだっけ?」「自分のお金はもっと自分の為に使いたい!」という風にお互いの認識がずれてしまうと喧嘩の原因になるだけだと思うのでしっかりと貯金をして二人がそのお金を何に使いたいかを明確させましょう!

結婚の貯金・旅行の貯金・欲しいものへの貯金...なんでもいいです。

とにかく、二人で貯金しているお金は一体何に使うものかの目標を決めればとてもスムーズに話は進むと思います。

専用口座をつくる

日常のお金とは分けて二人で管理することで目標に向けて貯金もしやすくなります。

強制的に貯金する環境を創り出す

上記の「専用口座」を作り毎月一定金額を入れて、二人で管理していくことがいいと思います。それか定額貯金をするというのも一つの手だとは思います。


ざっくりですが、上記の項目が守れればある程度は貯金が苦手な人でもできる思います。

貯金を行うコツ

最初は低額の目標金額を設定することだと思います。

「10万円」「20万円」といった少ない額の目標を設定して二人でも貯金ができるという成功体験をはじめに得ることが貯金を続くけていく秘訣だと思います!